ペニス増大に関する8つの真実

ペニス増大に取り組む前に是非、知っておいて欲しい事実

*

ペニス増大は医学的に可能なのか

      2016/05/16

医学的な見地からのペニス増大を考える

個体差なのか、発育不全なのか

ペニス増大と聞いて多くの人が単なる願望や都市伝説を想像するかもしれませんが、医学的には、ペニス増大は“十分可能”な処置だと言えます。
人間を含め全ての生物には“個体差”が存在します。
野生動物の場合、この個体差は生存競争に影響し、例えば大きくて強い個体は生き残れる確率が高くなり、子孫を残す確率も高くなります。
ところが人間の場合、この個体差は、しばしば個性という側面で捉えられ、そしてコンプレックスの原因となります。

一方で、現代医学の発展により、様々なコンプレックスの原因となるような個体差が解消できるようになりました。
例えば、身体の器官の欠損や発育不全に対する外科手術や薬物治療などです。

ところが、不思議なことにペニスの大きさという個体差を解消しようとするアプローチに関しては、急にこれを偽物扱いをする人が増えるのも事実です。

医学的には改善可能な領域

医学的には、
発育が不十分な器官の再成長を促す様々なアプローチは、その器官がどこであれ同価値があると考えられます。
そして、
ペニス増大は医学的に可能なのかという問いに対して私は断言できます。
「YES」と。

もちろん、成長期が終了した成人のペニスを「倍の長さにしたい」など夢のようなことは、外科手術を除けば不可能です。
しかし、例えば、
「ペニスを10%~20%程度(数センチ程度)長くしたい」とか
「ペニスの体積を10%程度増大させたい」といったレベルなら、外科手術以外の方法でも十分可能な範囲です。

海外、特に欧米では日本よりペニス増大の医学的なアプローチが進歩しています。
数多くの医療器具、薬品、サプリメントなどがペニス増大を目的としたものとして認可されています。
そして、ペニス増大は、欧米の男性にとっては、なんら奇異なことではなく、普通に購入して摂取できる存在です。

 - ペニス増大の可能性

  関連記事

関連記事はありませんでした